傷んだ髪は原因から

髪が傷む原因っていつもしている事からある事がすごく多いのを知っていますか?たとえば、ブラッシングなんかもその一つなんです。
静電気が発生しやすいブラシを使っているのはあんまりよくないし、それに濡れている髪をやたらとブラッシングすることもまたよくない。
これらのことに共通しているのは何だと思いますか?
それは髪の表面に刺激を与えてしまうことで傷つけてしまっているんですね。
それで、髪の表面が傷ついてしまうとどういう事になるかといえば、それはもともとあった栄養成分が流出してしまうって事です。
そして、それがなくなっていった状態のことを傷んだ髪といってもいいのではないでしょうか?
よく傷んだ髪 シャンプーで栄養補給をしましょうとか、トリートメントで栄養を補給しましょうとかって言われているけれど、もしさっきみたいな感じで傷んだ髪をを作り出してしまっているのであれば、それはあんまり意味がないことになってしまいます。
ダメージでヘアで悩んでいるならば、ケアをする前にまずは今のケアがちゃんとできているか見直してみるのもすごく良いことだと思います。