回転寿司の作戦はナイスだね。

回転ずしといえば、家族で安くお寿司が食べられることから、今ではすっかりと市民権を得たビジネスだと思うのですが、このビジネスにも実はそれなり弱点があると思います。

 

その弱点とは、やっぱり客単価がかなり低く設定されている事。

 

客単価が低いというのは、つまるところもうけを出すにはとにかく数を裁かなくてはならないような状態にあることですが、そうなると従業員も疲弊してしまう事がよくあります。

 

そこで、このごろの回転ずしはどうやら、少しでも客単価を上げるための努力をしてきているようです。

 

面白いなって思ったのは、お寿司屋さんという枠を超えて、ラーメンを販売し始めたところ。

 

回転寿司にラーメンというのは、あまりなじみがないものですが、これが結構受けているみたいです。

 

しかも、出しているラーメンも結構おいしんですよね。