印象に残った映画「セブン」について

映画「セブン」は私の中でとてもショックを受け、印象に残った映画です。

この映画には、ブラット・ピットとモーガン・フリーマンが出演しています。

映画の内容は、ミルズ刑事(ブラット・ピット)とサマセット刑事(モーガン・フリーマン)が猟奇的連続殺人事件を捜査するサスペンス映画です。

事件はキリスト教の七つの大罪をなぞり起きています。

そして犯行内容は理解できない犯行で、謎に包まれていました。

そのため、なかなか犯人の特定には至らずに犠牲者が増えていきました。

しかし、何の前触れもなく、犯人のジョン・ドゥが血まみれの姿で2人の前に現れました。

ここから捜査は急展開しはじめます。

そして、この事件の解決のため2人はジョン・ドゥと共に、ジョンの支持通り3人で指定の場所へ向かいました。

ここからラストの悲劇の幕切れに向かい始めます。

3人が到着した指定の場所に宅配物が送られてきます。

サマセット刑事がその中身を確認しますが、中身は衝撃的な物でした。

まだこの映画をご覧になっていない方は是非見てください。きっと最後まで目が離せないと思います。